会のロゴ

特定非営利活動法人
日本下水文化研究会 分科会 屎尿・下水研究会
Japan Association of Drainage and Environment
日本下水文化研究会は新しい人と水との関係を考えていきます。
Smart Water Use and Drain Keep the Environment Healthy

TOP

屎尿・下水研究会の概要

お知らせ

発表タイトル

特別企画

企画図書類

日本下水文化研究会 HP

関西支部
HP

更新履歴


お知らせ  2016/07/17 更新




特別講話会を開催しておりますので、ご案内をいたします。

平成28年度 小平市ふれあい下水道館・特別講話会
 屎尿・下水研究会では、小平市ふれあい下水道館の講座室において、10月〜翌3月の毎月1回、特別講話会を開催します。本企画は、一般市民を対象とした環境教育として、小平市役所(日本下水文化研究会の賛助会員)の協力のもとに実施するものですが、当会会員の方も参加できますのでお気軽にお出でください。
 

会場: 小平市ふれあい下水道館・講座室 (定員 25名)
    西武国分寺線 鷹の台駅 徒歩8分。
    電話 042−326−7411
時間: 13時30分〜15時30分(休憩、質疑応答を含む)

平成28年度小平市ふれあい下水道館特別講話会の案内

                 記

第1回:10月16日(日)「ミミズの話」
           柴田 康平 氏(元 東京都下水道局)
  身近にいて誰もが知っているミミズ。でもその生態は意外と知られていません。ミミズは鳴くのだろうか、何故、わざわざ道路に出て干からびるのだろうか、どれ程役に立っているのだろうか等、その謎を解き明かします。
【ミミズの生態に関する数々の謎を解き明かす】

第2回:11月20日(日)「玉川上水と小平」
           蛭田 廣一 氏(松本大学非常勤講師)
  今年は、小川村の開拓着手360年を迎えます。その新田開発に不可欠だったのが玉川上水です。そこで、玉川上水と小平に関わる分水、維持管理、小金井桜、通船計画、馬車鉄道敷設計画、多摩東京移管についてお話します。
【小平の新田開発に不可欠であった玉川上水にまつわるエピソードを紹介する】

第3回:12月18日(日)「トイレ探訪の話」
           森田 英樹 氏(本懐会員)
 旅の道すがら出会ったトイレや屎尿にまつわる歴史的な話を、旅のエピソードを交えながら紹介します。網走監獄のトイレ、長崎出島のトイレ、沖縄の豚便所、糞石のはなし、博物館に見るトイレなどを取り上げます。
【糞石、豚トイレなど屎尿やトイレに関わる施設の探訪記である】

第4回:1月22日(日)「外国人観光客のトイレ対策ほか」
          白倉 正子 氏(日本トイレ協会運営委員)
 昨今、日本には外国人観光客が押し寄せ、「日本のトイレはハイテクで綺麗」と好評だが、一方で「和式トイレの使い方が分からない」、「紙を流さない」等の問題が生じています。そこで、その対策案を研究した結果を報告します。
 【日本を訪れた外国人観光客に対するトイレ対策を報告する】

第5回:2月19日(日)「大名行列とトイレ事情(U)」
          松田 旭正 氏(本会会員)
 大勢の人々が一斉に旅をした大名行列に際して、行く先々でのトイレをどのようにして準備したのであろうか。萩の大名・毛利氏に関する古文書(『長州藩主北浦沿岸巡視記録』をひもとき、大名行列の実態をトイレ事情の面から探ります。
【萩の大名・毛利氏に関する古文書をひもとき大名行列のトイレ事情を探る】

第6回:3月26日(日)「ダッカをきれいに −ゴミ処理への技術援助−」
          石井 明男 氏(本会会員)
  バングラデシュの首都・ダッカにおける「ゴミ処理への技術援助」を、12年間の長きにわたって関わってきた講師が、現地において具体的に実施してきた数々のユニークな改善策を語ります。
【バングラデシュ・ダッカでのゴミ処理に関する支援策を語る】


小平ふれあい下水道館特別講話会報告

 平成20年度 小平市ふれあい下水道館・特別講話会

 平成21年度 小平市ふれあい下水道館・特別講話会

 平成22年度 小平市ふれあい下水道館・特別講話会

 平成23年度 小平市ふれあい下水道館・特別講話会

 平成24年度 小平市ふれあい下水道館・特別講話会

 平成25年度 小平市ふれあい下水道館・特別講話会