会のロゴ

特定非営利活動法人
日本下水文化研究会 分科会 屎尿・下水研究会
Japan Association of Drainage and Environment
日本下水文化研究会は新しい人と水との関係を考えていきます。
Smart Water Use and Drain Keep the Environment Healthy

TOP

屎尿・下水研究会の概要

お知らせ

発表タイトル

特別企画

企画図書類

日本下水文化研究会 HP

関西支部
HP

更新履歴


発表タイトル

分科会
屎尿・下水研究会



第17回し尿研究会例会報告

有機性廃棄物のリサイクルと農業利用

広瀬 祐



 昨年12月13日(金)午後6時30分より、東京・飯田橋の東京ボランティアセンター会議室において、広瀬祐氏(西原環境衛生研究所)から「有機性廃棄物のリサイクルと農業利用」と題しての講話がありました。一年ぶりの会員外の方からの情報提供です。
 広瀬氏は、社が経営する実験農場(北海道鹿追町。昭和48年開設。屎尿汚泥、下水汚泥の農業利用への実証試験。)で長らく責任者として、圃場整備、施肥管理、データ整理を行う一方で、有機性廃棄物の利活用についての研修、交流、普及啓蒙に尽力されてきた方です。ノー原稿での1時間余にわたる講話は、体験に基づいた説得力のある、それでいて浪漫に満ちた話でした。話の骨子は次の通りです。
 @開設から数年間の施設・設備整備の苦労(「自然から得られたものは自然へ」の考え方を徹底的に教えられた)
 A汚泥散布用の農機具の改良・開発(これが現在広く普及している)
 B農場管理の合間の晴耕雨読(その後の研究発表やセミナーでの講演に役立った)
 CJICA研修で50数ヶ国約500人近い研修生が鹿追の農場を訪れてくれたこと(視野が広がった)
 D下水汚泥資源利用協議会における啓蒙活動
 Eローコストでのコンポスト化の確立(「資源化製品の需要や流通は利用者が決める」との考え方が必要)
 F海外を視察したことを踏まえての比較検討(品質基準の必要性、バイオマスの生産の奨励)
 G地球温暖化防止に対して、有機性廃棄物の資源化がどのように貢献できるか。